看護師さんの職場が拡大している。求人先の種類

看護師さんの職場が拡大している。求人先の種類

 

 最近看護師さんが活躍できる職場が拡大しています。以前は、看護師さんの就職先といえば病院かクリニックなどの医療現場が定番でした。もちろん、今も変わらず多くの看護師さんが医療現場で活躍しています。ですが、ここ数年で看護師さんの求人先の種類が多方面に拡大し、あらゆる現場でその力が必要とされるようになってきました。

 さて、看護師さんの職場・働き方にはどんなものがあるのでしょうか。先に挙げた病院やクリニックの他に、老人ホームやデイサービスなどの老人系の施設、障がい者の方が利用する施設、保育園、企業の医務室、移動検診ナース、イベントナースや旅行などの添乗ナース、個人宅での見守りや介護業務…などがあります。この他にも、治験業務、電話での健康相談業務、看護学校での教諭・実習指導員など、どちらかというと事務的な要素の強い仕事もあります。

 看護師さんの働き方が多様化したことによって、一度看護師の仕事から離れた人でも、再び資格を生かして働くチャンスが生まれています。

 病院やクリニックなど、医療行為が多い職場へ転職をする際に、まず必要とされるのは即戦力です。ですから、長いブランクがある方は仕事探しが難しいことがあります。看護師さんの立場に立って考えると、ブランクを抱えて、日々進歩している医療の現場へ戻るのは不安が大きいことでしょう。しかし、医療現場以外でも看護師の資格を活かして活躍することができるのです。

 例えば、看護ではなく介護が中心の仕事であれば、ブランクのある方でも活躍できる職場を見つけることができます。特に最近増えているのが老人介護の仕事です。高齢化社会となった今、病院やクリニックだけではなく、医療系ではない会社や個人でも介護事業に参入する時代になりました。老人系の施設の求人は急増しており、看護師以外にも様々な資格を持った方が働いています。その中でも、やはり求人者から看護師さんは求められています。介護系の仕事であれば、ブランクがある方や転職の多い方、臨床経験が少ない方でも、資格を活かして働くことができます。また、お年寄りを相手にする仕事なので、若い方の力ももちろんですが、ある程度落ち着いた年齢の方も多く活躍されています。これからもますます高齢化が進んでいくので、たくさんの看護師さんの力が必要とされている職場といえるでしょう。