看護師さんの職場が拡大している。求人先の種類

看護師さんの職場が拡大している。求人先の種類

 

 以前は看護師の求人先といえばおおまかに分けて、病院、医院、クリニック、特別養護老人ホームや老健施設という感じだった。そのため紹介する側も看護師の希望(病院か施設か?夜勤可能か日勤か?)や経験に添って、比較的シンプルに紹介をしていたように思う。看護師も求人の選択肢がそこまで多くなく、複雑でもなかったので、今よりはスムーズに希望して面接に行っていたように思う。

 しかし時代の変化で、ここ最近は医療機関以外での看護師の需要が多くなっているように思う。

 一番の変化は高齢者社会になった事で、そのための求人が増えた事。小規模多機能型施設、グループホーム、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅等。そしてこのような施設は他業種の参入も可能になった事で、更に今後もうしばらくは施設が増えいきそうな勢いである。

 また病院を例にとってみても、まず系列の老人保健施設を開設して、次に通所施設、訪問看護ステーションといった具合に一連の事業所を開設すると、それぞれの事業所で看護師、他医療スタッフが必要になってくる。

 その他の求人先として最近多いのが、治験、看護学校、保育園、障がい者施設、訪問入浴サービス、医務室など。そういった求人は看護師からも人気があり、問い合わせもよくある。「病棟や外来で勤務するのはイヤだが、看護師の資格を活かして仕事がしたい」「ブランクがあるが仕事がしたい」といった理由が多い。

 求人側も潜在看護師でも了解される事もあるので、ブランクから抜け出して社会復帰するには良い求人だと思う。

 現在は看護師不足で困っている病院が多い。また人間関係やストレスで休職する看護師が多く、現場はギリギリの状態で回っているという話もよく聞く。ブランクを気にしてなかなか復帰に踏み込めない看護師が一人でも多く復帰できるといいと思う。