看護師さんの求人先の種類

看護師さんの求人先の種類

 

 看護師の職場は数年前に比べ、様々な分野に拡大しています。

 以前であれば、看護師の就職・転職先は病院やクリニックという医療機関が主でしたが、最近では各種旅行の添乗時、又各種イベント等の救護班として、突発的な病気やケガ等の対応のお仕事もあります。転勤や結婚でなかなか仕事をする機会がないという看護師の方でも1日~3日等単発的にお仕事をして収入を得ることが可能となりました。

 また、紹介予定派遣や産休代替派遣、一般派遣のようにある一定の期間でしか働けない看護師にとっても高収入で勤務ができるようになったのも変化の一つです。就業先には、病院やクリニックはもちろん老人保健施設、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、有料老人ホーム、保育園、デイサービス、看護学校、企業、行政機関等多数の求人があります。

 しかし、この多数の求人先で自分にはどれがベストな選択かはなかなか判断が難しいところです。病院やクリニックという医療機関であれば何となく、業務内容は想像がつきますが、訪問看護ステーションやデイサービスでの勤務はどう違うのか実際に勤務してみないと判断ができません。

 そこで有効な手段の一つが紹介予定派遣という制度です。いきなり、正社員として勤務するのではなく、派遣職員という見極めの期間をワンクッション置いて、自分がこれならやっていけると納得した上で直接雇用に切り替えができるというメリットがあります。面接や見学だけでは看護師業務のイメージができない方は多くいらっしゃいます。もちろん、求人者も同様に求職者である看護師がどのような働きぶり(スキル)で、他スタッフとのコミュニケーション能力を見極めることができるということを忘れてはいけません。あくまで、双方が納得するという事が必要です。だからこそ、この紹介予定派遣という制度を利用してマッチングができた看護師は離職率も低く、各医療機関、医療施設の求人者の方も『大変いい人材を確保できた』と満足のいく結果を出すことができます。

 新しい分野に挑戦してスキルアップをしたいと考える看護師の皆さんも実際には多く、自分のライフスタイルや年齢を考慮して頭の中では常に考えていることでしょう。しかし、日々の忙しさの中で『いつかは、やろうと思っている』、『なかなかその一歩が踏み出せない…』という方はまず、以上のような制度を活用して今後の自分の看護師ライフを見つめ直して挑戦してみられてはいかがでしょうか。

 看護師の皆さんが思っている以上に看護師の活躍の場は広がっています。