看護師さんの転職とハローワークとの違い

看護師さんの転職とハローワークとの違い

 

 転職をするにあたって、退職のタイミングというのは自分で後を計算して、退職するというのは難しい。今後の生活の事もあるので貯金や、賞与をもらってからなど、切りのいいという場合が多い。看護師という職業は女性の割合の方が多い。

 女性であれば結婚、出産ということもある。「次は○月から働きたい」と思っても自分の条件に合う次の就職先というのもすぐにあるワケではない。

 自分で予定を立てていても家族が病気になったりと、タイミングを逃してしまうことも多い。また、条件が多すぎてみつからないということもある。転職というのもタイミングだと考える。

 色々と考えて自分の状況と照らして、「次を考える、他の募集あれば教えてください」この言葉を使うのは簡単だが、一番の機を逃していると思う。ちょっといいなと思ったならば、前向きに検討すべきだ。

 他も照らし合わせて考えたいという気持ちも分かるが、現状で比較になる条件がなければ、たとえ1つしかなくても受けてみれば今後の展望がおぼろげでも見えてくるもの考える。これもいいなと思うか、これはやはり無いなとなるか。就職できなくともそれでもいいではないか。求人票というのは数字や言葉のただの表記でしかない。それだけで比べようというのは情報不足ではないか。

 「ここはどういう所ですか?残業とかはどうなっていますか?」

 コーディネーターも申し訳ないが、そこで働いたことはない。実状況はわからない。事務担当のヒアリング、病院見学、過去にそこに勤めたことのある看護師からの情報しかない。

 しかし、過去に勤めた看護師の情報というのは当てにはならない。個人によりとらえ方は違うし、なにより過去に働いた場所についてペラペラと話す事もない。患者と医療関係者、つまり個人情報という守秘義務の関係が暗黙の了解でなりたっている。病院情報にしてもこれは企業秘密だ。こちらとしても個人的な話をさも病院情報かのように話わけにはいかない。なにより確証はない。ついては何事も自分の判断になるということを理解してもらいたい。それには確証のない話を聞くより、自分で確かめてもらったほうが一番いい。

 ナースパワーは業界歴が長く、そういった事例はたくさんある。タイミングを計りすぎると、タイミングを逃すのである。「あのとき面接申し込んでおけば」なんていうのはザラにある。

 しかし、家庭を持っている看護師はどうだろう。子供がいれば簡単にハローワークに行くこともできない。

 「紹介会社なんて自分の都合しか考えてないんでしょ?」や「どういう仕組みになっているのかわからないから怖い」と思っている人はまずは思い切って問い合わせしてほしい。

 動けない自分の代わりに紹介会社は勝手にいくつも条件にちかい求人を持ってくるのだ。これは使い方次第ではとても便利なシステムではないだろうか。

 聞きにくいことを先方に聞いてくれることもある。これは専門性があるナースパワーならでは利用法である。ハローワークにある求人は給与と勤務時間と福利厚生くらいだ。それだけで判断しハローワークより都合だけ合わせて面接に行く。あとは結果を知らせるだけの流れ作業だ。ハローワークには専門性はない。普通の事務職、営業職などの募集があふれている。ハローワークといえそこまで個人の就職の面倒をみることはできない。

 もし、不採用が続いても自分の何が悪いのか。ハローワークは公共機関、公平の為にもその答えを教えてくれるわけはない。

 ナースパワーもそこを詳しく教えてわけではないが、本人の経歴や経験や希望にあった求人を希望するように運んでいく。

 この手法はナースパワー東京・横浜・埼玉・千葉・熊本・福岡・北九州・岡山・広島・大阪・名古屋・札幌・沖縄の全国で取り組んでいることである。そこを同業他社との違いとしているので、そこに差を感じぜひ弊社に登録をお願いしたい。