看護師さんの転職とハローワークとの違い

看護師さんの転職とハローワークとの違い

 

 看護師さんはどのように就職活動をしているのでしょうか。いくつか方法を挙げてみると、無料の職業紹介所(ハローワーク)、有料の職業紹介所(ナースパワーなど)、求人雑誌、インターネットの求人サイト、病院などのホームページの採用情報、看護学校に出ている求人への応募、友人の紹介…などが考えられます。この他にも、最近は看護師専門の派遣会社も増えてきており、派遣会社に登録し仕事を受けるケースもあります。

 さて、看護師という職種を問わず、就職活動をする人がまず真っ先に利用するのはハローワークだと思います。求人先もまず募集を出すのはハローワークでしょう。求人側のメリットとして挙げられるのは、無料で求人を出せることと、利用する求職者が多いということです。ハローワークは全国にありますし、国が運営している無料の職業紹介所ですので、求人者・求職者ともに利用者が多く、お互いコストをかけずに採用につなげることができます。しかしここ最近、求人者・求職者ともに有料の紹介会社を利用するケースが増えてきています。いったいその背景には何があるのでしょうか。

 近年、看護師専門の職業紹介会社や派遣会社が増えています。高齢化社会や医療現場での人手不足が問題となっている今、看護師の仕事の需要は年々増すばかりです。これに伴い、看護師という特殊な仕事に特化した専門の会社が多く設立されました。

 さて、求人者(病院など)が有料の紹介会社を使うメリットはどこにあるのでしょうか。一つは看護師専門だということです。ハローワークの利用者は圧倒的に多いですが、その中で看護師の仕事を探している人はごく一部です。それに比べて、看護師専門の紹介会社には看護師(准看護師・その他の医療系有資格者を含む)しか登録ができないので、必然的に求人を閲覧するのは看護師ということになり、より多くの看護師の目に求人が留まることになります。また、紹介会社にはその求人事業所担当の営業スタッフがいるので、求人者側がどのような人物を募集しているのか把握し、求人者のニーズに合った看護師を紹介することができるのです。

 次に、求職者側(看護師)が有料の紹介会社を使うメリットはどこにあるのでしょうか。求人者側と同じく、看護師だけの求人を扱っている中から選ぶ方がより多くの情報を得られるのはもちろんですが、ナースパワーでは担当のコーディネーターがそれぞれに合った求人をお勧めし、細かい希望に沿った求人の提案をすることができます。また、求人票だけでは読み取れない職場の雰囲気や職員構成などの情報も豊富にあるのが看護師専門の紹介会社の強みです。その他にも、派遣職員から常勤雇用へ移行できる紹介予定派遣を導入していたり、就職お祝い金の支給など、紹介会社が独自に行っているサービスを選んで利用することも看護師さんにとってメリットとなるでしょう。