看護師職場の拡大・求人先の種類

看護師職場の拡大・求人先の種類

 

 以前は、看護師といえば病院での勤務と言うのが一般的でしたが、最近では看護師を必要としている病院以外の職場も多く、看護師の職場の多様化が進んだことで、職場を選べるようになりました。今までの看護師の職場=病院という概念もなくなってきたようです。

 ただ、病院以外の職場であっても、基本的な臨床経験は必要とされるところが多いようです。それぞれの職場で看護師経験の必要年数も違いますので、それは仕事を探す際に確認が必要です。

 たまに看護師の職業自体自分には向いていないと、全く別の職種に転職される方もおられますが、看護師資格、経験がいかせるような職場を探してみてからでもよいのかなと思います。

 又、病院以外で就職しても様々な雇用形態や待遇があり、病院以外の職場を知ることで自分の将来の選択肢が広がりますし、自分に合った勤務先が探しやすくなります。

 勤務のスタイルも、常勤、パート、派遣などがあり、自分のライフスタイルにあうような働き方もできるようになってきています。

 年齢を重ねていきながら、無理をせず、さらには自分を向上させることのできる職場があれば理想的だと思います。

 以下に、求人先の種類を書いてみます。

 

求人先の種類

①    病院・医院・クリニック

 もっとも一般的なもの。外来と病棟の勤務があります。

②    介護系施設

 ・有料老人ホーム
 ・高齢者向け住宅
 ・グループホーム
 ・経費養護老人ホーム
 ・介護老人保健施設
 ・養護老人ホーム

 利用者、入居者の病気の看護、健康管理や日常生活での管理指導、身の回りのお世話なども行う。特に看護師が不足している分野です。

③    保健所・保健センター

 予防接種や保健指導、保健所や保健センターに来所された方への健康指導など。

④    保育園

 役割としては子供の健康を守るといったもので、特に保育園の場合は乳幼児から預かっていることが多く、体調管理は非常に重要な仕事です。

⑤    旅行添乗

 修学旅行などに同行し、参加者の健康管理、突発的な病気、けがの看護の業務です。旅行参加者が安全に旅行を終えることができるようサポートします。

⑥    イベントナース

 スポーツ大会、音楽会などの開催の時に救護班として待機、参加者の健康管理。

⑦    訪問入浴

 利用者の自宅に、巡回入浴車で訪問し、移動浴槽を用いて入浴の介助を行う。看護師は利用者のバイタル確認、着替えなど行います。

⑧    治験コーディネーター

 治験を行う医師、治験に参加する患者さんの仲介役としての業務

⑨    訪問看護

 患者宅を訪れて健康状態の観察、日常生活の介助、栄養指導、リハビリテーション、ターミナルケアなどを行うこともあります。

⑩    企業医務室

 その企業の社員の健康管理、メンタルケア、健康指導や健康診断の計画立案と実施、健康診断受診率の増進活動、従業員からの相談の対応

⑪    健診センター(内勤、移動健診) 健診の介助、医師の診察補助

⑫    ベビーシッター  利用者の自宅で子供の様々な面倒をみる仕事

⑬    デイケア   

 通所で来られる老人に、機能回復訓練、食事や入浴といった生活援助サービスの介助

⑭    障害者の入所施設  

 入所者に自立してもらうための生活補助と作業訓練補助など

⑮    看護学校などの教務 

 学生への教科指導と実習指導、生活指導など