正看護師:既婚者の転職支援(失敗談)

正看護師:既婚者の転職支援(失敗談)

 

 看護師Hさん。

 この方は私が応援ナースで担当しているKさんのお友達紹介で登録された方です。

 (応援の話もKさんから聞いて紹介して頂いた看護師Hさん。スムーズに紹介が出来るはず)

 Hさんは海外から帰国されたばかりで直ぐにでも応援ナースとして勤務可能な方でした。

 Hさんの希望は都内で寮付きの病院でした。

 早速添付メールで数箇所病院の提案をしました。

 Hさんは行動も早く登録して翌日には応募書類も揃い早速第一希望の荻窪病院へ書類選考に掛けました。

 ところが荻窪病院の書類審査が厳しく書類審査で不採用となってしまいました。(内科療養の経験4年・大学病院(外科)1年・都内民間外科病院2年半)

 大学病院を1年での退職された事がネックになったようです。

 早速、気を取り直し”今度は失敗が許されない”と思い予めHさんの経験を病院に見て頂きOKを頂いた病院を再提案しました。

 Hさんの希望に全て添える応援先の病院はなく都内から少し離れた病院にはなりましたが、是非話を勧めて頂きたいと病院の担当者から言われて紹介した野村病院(昭島)。

 こちらの病院では寮の準備が出来ないと又決まらず・・・。

 Hさんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 Hさんを何とかなだめ都内で新規に入りそうな林外科病院を紹介しました。

 こちらの病院も結果的に応援ナースに対する理解を得る事が出来ず不採用となってしまいました。

 当然Hさんも直ぐに応援ナースで働くつもりでしたので唖然・呆然・・・。

 結果的にHさんはキララサポートの紹介で2回目に紹介した野村病院に8月から勤務をされる事になりました。

【今回の反省点】

 ・先ず一回目の紹介で決める事ができなかった(病院の求める看護師像の認識が甘かった)

 ・お友達紹介のHさんとはいえ未だHさんと私との間に信頼関係が出来ていない状況で不採用を連発させてしまった事が何より悔やまれます。

  但し、よかったなと思ったことはキララの紹介で野村病院に決まった時も6ヵ月後又海外へ戻られるので、次帰国した時も宜しくお願いします。と言って頂いた事です。