看護師のナースパワー北九州での転職成功談

看護師のナースパワー北九州での転職成功談

 

 先日ご相談頂いた40代後半の看護師Aさんの転職活動事例をご紹介したいと思います。

 登録時に頂いた希望条件としては、健診企業にて正職員のお仕事をしたい、それ以外の仕事は考えてないとの事でした。

 自分でも希望の求人先を探しているが、なかなか見つからず実際に応募しても不採用になったりと、就職活動に行き詰っているご様子でした。

 ご本人の希望する健診の求人はやはり人気がありますし、有期雇用の契約社員の募集はあっても正職員求人は少ないのが実状です。

 現職を退職したいのに希望の求人がなかなか見つからないという状況のAさんとコミュニケーションをとる中で、最初は語られなかった健診を希望する理由が少しずつ見えてきました。

 現在Aさんは、臨床から離れて10数年福祉関係のお仕事をしており、看護師として仕事をする事に対して不安な気持ちをお持ちでした。ですので、基本的に健康な方の利用が多い健診のお仕事ならブランクを気にせず仕事ができるのではと考えられていた様です。

 Aさんのお気持ちを踏まえ、私がお話した内容としては

 今回の転職を今ご不安に思われているブランクを克服するチャンスに変えてみませんか?今後10年・20年看護師として仕事をしていくのであれば、希望条件の変化や環境の変化で転職を考える時がまた来ると思います。

 その際に今のうちにブランクを克服しておかれれば、仕事選びの選択肢も拡がりますよ。

 大変だとは思いますが、もう一度頑張ってみませんか?とご案内してみました。

 その後、転職に行き詰っていたAさんの気持ちも前向きになり、病院や施設の見学に行かれたりと積極的な姿勢に変わられていきました。しかし実際に見学に行かれると、やはりブランクが気になり本当にやっていけるのか?大丈夫なのだろうか?と相談を頂きました。

 そこで、紹介予定派遣というシステムをご案内させて頂きました。

 ブランクの克服、慣れない職場、人間関係等気になる事もたくさんあるかと思いますが、

 まずは3ヶ月派遣スタッフとして勤務して、その後正職員に切り替わるかどうかを検討されてはみては?とお話してみました。

 まずは3ヶ月という事でAさんも気が楽になった様で、紹介予定派遣としての入職が決定しました。

 先日電話をした際、毎日慣れないことばかりで大変だが、他のスタッフの方がとても親切に教えてくださり、非常に働きやすいと喜ばれておりました。派遣期間終了後も正職員として勤務を継続したいとの事でした。

 求人先からの評価も高く、正職員へ切り替え予定との事でした。

 今回Aさんはブランクがあるという事で転職活動に際して色々と悩むポイントはあったと思います。

 ですが、今回の転職でブランクを乗り越える為の一歩を踏み出せた事により得られた物も大きいと思います。

 今からがまた大変かと思いますが、私どもでお力になれる事があればできる限りフォローをさせて頂ければと思っております。