看護師が転職を考える理由

看護師が転職を考える理由

 

 入職をする時は、『この職場でずっと頑張っていこう!』と胸いっぱいに期待を膨らませてお仕事をスタートしたはずなのに、時が経つにつれ理想と現実のギャップに戸惑いや不満を感じて転職を考える方も多いのではないでしょうか??

 私が今までに看護師の皆様から頂いたご相談例をいくつかご紹介したいと思います。

 まず、多いのは働く上でも大きな要素の一つとも言える給与等の待遇面です。

 特に効率よく仕事をこなせる看護師の場合、他の看護師以上に働いているにもかかわらず、勤務能力に見合った給料が貰えていないと感じて不満が膨らむケースも多い様に思います。

 次に配属先についての不満です。

 入職時に希望していた部署で働けなかった場合や、長年働いてきた働きやすい部署から希望してない部署への異動になったりした場合、納得ができず不満へと繋がります。

 また施設の種類を変えたいというご相談も多いです。

 大学病院から一般の総合病院へ、急性期病院から療養型病院や介護施設へ、または療養型病院から急性期病院へなど、今働いているところとは違うタイプの医療機関で働きたいというのも転職する理由に挙げられています。施設タイプは同じでも規模を変えたいと考える人も多いですね。

 次に、夜勤についての不満です。

 夜勤が忙しい、勤務時間が長いなど体力的な問題で転職を考える看護師も多いです。

 また若い時は夜勤が苦にならなくても、何年も夜勤を続けていると体調を崩すことも多く、また中腰での作業、立ち仕事、患者の移動など、腰痛に悩まされている看護師も多いようです。

 次に必ずと言って良いほど転職先に求める希望条件にも上がってくる人間関係についてです。
病院に限らずどの職場でも人間関係がうまくいかない時には、やはり転職を考える方も多いかと思いますが、特に看護師の場合、女性の職場なので(男性看護師もいますが)一人や二人は必ず自分と合わない人がいる事が多く、合わない人との夜勤などはかなりストレスが溜まるようです。

 次に、結婚や出産などによるライフスタイルの変化です。

 結婚、出産などを機に看護師を辞める方も多いですが、続ける場合でも家庭の事情で夜勤がない病院など、ある程度、時間の融通がきく病院へ転職を考えざるを得ません。

 次に、更なるステップアップを希望する際です。

 認定看護師の資格取得や自分の希望する専門分野での看護、スキルアップして自分の能力を生かしたい場合などにも当然、転職を考えるようです。

 今回ご紹介した例の他にもさまざまなご相談を頂きますが、皆様の希望や経験に合わせたベストマッチな転職先をご紹介できる様ご尽力させて頂きたいと思っております。