看護師転職と理想の求人

看護師転職と理想の求人

 

 看護職と言う仕事は、社会貢献度が高いけれど、仕事内容は決して楽ではない。しかし、他の職種に比べ重要度は高く、転職経験者が多い。

 コーディネーターとして関わる中で聞く職場の不満・転職を考えたきっかけは、看護職が求める、理想の求人とは何なのか?

 結婚や出産等による、環境の変化も多いが、最もよく聞くのは「仕事が忙しすぎる」というフレーズ。一生懸命勉強し、資格を取って就いた仕事。なおかつ、決して楽ではない業務内容であるにもかかわらず。毎日の残業、ハードな毎日でプライベートは全く無い。仕事自体は好きだけれど、趣味や家庭が第一!ライフワークバランスを第一に考える看護師も増えてきている。そういったところで、余裕を持って働ける環境が好まれる。残業がないところが一番だが、現実問題厳しいところもある。

 また、「人間関係が悪い」というのもよく話に出てくる。病院の評判などを気にしてしまう。看護は、一人ひとりの患者さんを24時間交代で受け持つという、一人では完結できない仕事のため、申し送りやカンファレンスが有ったりと看護師同士のコミュニケーションは重要。人間関係の悪化は致命的になる。自分の力ではどうすることもできず、転職を考える方も多くは無い。すべての人が自分と同じく行動したり、考えたりするわけではない。職員間でのやり取りが重要に成る。給与や待遇のよさよりも、職場の人間関係を重視する看護師はとても多い。居心地のいい環境で気持ちよく働きたいという思いは、いつの時代でも共通だ。

 自分のスキル向上に重きを置いた考えもあり、「スキルアップ」できない環境を嫌に思うことも有るよう。看護師として、今の職場では自分のスキルを十分に活かしきれない、また、自分自身の成長のために、よりよい職場環境を求めると言うのは自然な転職理由だ。そういった、意識の高い看護師を求める現場も多くある。自分が学べる環境にあるのか?もっと高みを目指す看護師も少なくは無い。知識や技術の習得はもちろん、スペシャリストとして確実に経験・技術を習得したい人には、施設規模の大きい急性期病院への転職が多い。

 色々な症例の患者が訪れる総合病院なら、多くの臨床経験を積むことができ、最新の治療を目の当たりにできます。

 転職するに当たり、看護師はそれぞれの悩みを抱えて、相談にやってくる。まずは、職場の特性とそれぞれのメリット、デメリットを踏まえて、同時に理想や条件を整理しておくことが大切。“これだけはどうしても譲れない”という部分は何なのか?自分自身に問いかけてみたい。あいまいな希望で職場を選んでしまうと、何度も転職といったはめになってしまう。

 命に関わる仕事でも有るので、安心して責任持った仕事ができる環境を選択していきたい。